学ぶことがいっぱいの毎日です

学ぶことがいっぱいの毎日です

プロフィール

都内キッズワールド スタッフ

2008年に入社後、一度退職。派遣の営業事務を経て、パートで再入社した。現在は育児と両立しながら、保育士資格取得に向けても勉強中。「子どもと楽しむ」をモットーに仕事に励んでいる。

私の目指す保育
仲間と助け合う保育

戻りたいと思える職場

営業の風景

もともと児童英語に興味があり、英語を学ぶプリスクールの先駆けとなるカリキュラムがあったピジョンハーツに惹かれて入社しました。当時は5年ほど勤務したのですが、違う職種にも挑戦したいという気持ちが芽生え、退職し、他社で派遣の営業事務を数年間経験しました。

しかし、結婚を機に、キッズワールドで仕事をしていた楽しかった日々を思い出すようになりました。ちょうどそのタイミングで、以前働いていた教室のマネージャーに声をかけていただき、パートとして再入社をすることを決めました。ピジョンハーツで再度働き始め、自分の個性を出して、自分らしく働ける良い職場だと改めて実感しました。先生が伸び伸びと働いていると、子どもたちにもその空気が伝わり、自分らしく過ごすことができる環境を生み出していると思います。その結果、教室全体が良い雰囲気になっているのを実感します。

また、今の職場は自分の個性を出すことができると同時に、しっかりと仕事には厳しい指導があります。包み隠しをせず、間違った対応に対する指摘もありますし、先生同士のコミュニケーションも活発なので、お互いに意見交換をして高め合いながら自分自身を成長させることができます。

営業の風景

育児と仕事の両立

打ち合わせ中の写真

実は、再入社してから妊娠のために、産休に入りました。その後は、育児休業制度を利用しながら、1年後に職場復帰しました。職場は子どもの突発的な用事などにも柔軟に対応してもらえますし、自分の子どもが急に熱を出したりしても、快くお休みをとって良いよと言ってもらい、本当にありがたいです。そして私自身も、限られた時間で集中して仕事に取り組むように心掛けています。

また、自分が親になってみると、保護者の方の考えや想いがより理解できるようになりました。「ああ、ここは間違えていたな」「こうしたほうがより良くなるなあ」と気付くことが多くなりましたね。そして、子どもと関わる中で様々な発見があるので、自分自身の保育にも活かしながら、日々子どもたちと共に成長している実感があります。

打ち合わせ中の写真

研修を通して仕事の幅を広げる

打ち合わせ中の写真

私が勤務しているプリスクールでは、子どもたちは遊びや体験から様々なことを学んでいます。ポジティブで楽しい体験をたくさん積み重ねられるよう、私たちは子どもに寄り添いながら環境設定、言葉がけ、アクティビティを行っています。

例えば、電車をつなげて遊んでいたら、次のステップで「そこに何かを乗せてみよう!」と提案してみて、その遊び自体をどんどん広げていきます。そうすると子どもの発想力がどんどん広がり、私たちが想像しなかった遊びに発展することがよくあります。 こうした子どもの可能性を広げる遊びは、スタッフ研修やミーティングなどで、他のセンターの先生と情報交換をしてアイデアを吸収しています。

今後は、私も研修に参加したり、イベントの反省点をまとめて、他の先生に還元をしていきたいと思っています。それがまた誰かの保育の糧になると嬉しいですし、そうして仕事の幅を広げていきたいです。

打ち合わせ中の写真

打ち合わせ中の写真

求人情報はこちら

  • 2015年入社 保育士
  • 2012年入社 保育士
  • 2010年入社 保育士
  • 2008年入社 保育士
  • 2003年入社 保育士リーダー
  • 2005年入社 園長
  • 2010年入社 センターマネージャー
  • 2011年入社 保育士
  • 2008年入社 営業担当
  • 2010年入社 センターマネージャー
  • 2011年入社 保育士
  • 2010年入社 センターマネージャー
  • 2011年入社 保育士
  • 2010年入社 センターマネージャー
  • 2011年入社 保育士
  • 2015年入社 保育士
  • 2012年入社 保育士
  • 2010年入社 保育士
  • 2008年入社 保育士
  • 2003年入社 保育士リーダー
  • 2005年入社 園長
  • 2010年入社 センターマネージャー
  • 2011年入社 保育士
  • 2008年入社 営業担当
  • 2005年入社 主任
  • 2005年入社 主任
  • 2005年入社 主任
  • 2005年入社 主任
  • 2005年入社 主任
  • 2005年入社 主任

求人情報ページへ

ページトップへ

ページトップへ