子どもたちがよりよく生きていける世界を創りたい

子どもたちがよりよく生きていける世界を創りたい

プロフィール

認可保育園 保育士

2008年新卒入社。小・中学生時代、10歳離れた弟を保育園に迎えに行っているうちに、保育に興味を持つようになった。読書とコーヒーを愛する。長期休暇がとれる時は妻と旅行へ出かけている。

私の目指す保育
子どもと一緒に楽しめる保育

なんでもやってみよう

営業の風景

いまの職場で10年以上勤めています。最初にクラスを持ったのは2歳児クラスでした。元々はシャイな性格ということもあり、当時は子どもの前で本を読むことがあまり得意ではありませんでした。いまではずいぶん考え方も変わり、「なんでもやってみよう」とか「仕事も楽しまないともったいない」が口ぐせになりました。そういった前向きな言葉って、使っているうちに伝染して、周囲にも良い影響を与えると感じます。先生が楽しく仕事をしていたら、子どもたちも楽しんでくれます。先生が笑えば、子どもたちにも笑顔が広がっていくんです。

運動会は園の大きなイベントの1つですが、3年目に運動会プロジェクトのメンバーに選ばれました。頼まれたのも「やってみない?」と軽い感じで(笑) 保護者への手紙、手紙を出す時期の決定、練習の段取り、担当の振り分けなど、やることはたくさんありましたが、大変そうだから断ろうとは思いませんでした。やってみないとわからないですし、経験を通してだけ得られるものがあります。

営業の風景

子どもの成長とともに

打ち合わせ中の写真

今はリーダーとして、シフト作成や行事前のミーティングなども任せてもらっています。いまの職場には長くいるので、0歳から5歳まですべての担任を経験しました。乳児と幼児それぞれの保育のおもしろさ、やりがいがありますね。乳児の場合は、行事などは少なく、クラス全体ではなく個別の対応になります。トイレや着替えなど生活面での成長が目覚ましい時期です。幼児は遠足などイベントが多く、みんなでひとつのことをやるのでクラスとしての一体感があります。何歳のクラスでも、子どもたちは本当にかわいいです。

入社2年目・3年目と、5〜7年目はクラスを持ち上がりで担当し、それぞれ0歳から1歳、3歳から5歳への成長をみてきました。子どもたちとも保護者の方とも信頼関係を築けますし、子どもたちの成長に合わせた保育を、順序立てて考えることができます。「こんなことがしたいな、これはできそうだな」と長期スパンで保育を組み立てていきました。

打ち合わせ中の写真

経験を積んでいきたい

打ち合わせ中の写真

今の保育園は認可保育園の中でも規模が大きく、子どもたちは約140人、スタッフはアルバイトも含めれば50人にもなります。保育の世界は圧倒的に女性が多いので、今の職場で男性は数人だけです。男性保育士の後輩がもっと増えてくれたら、心強いですね。保護者の方から男性保育士への期待として、「いっぱい遊んでもらえる」「セミやカブトムシを採ったり、外遊びをしてほしい」といった声があります。保育士をめざす男性のみなさん、一緒にがんばってみませんか。

ピジョンハーツは休暇もきちんと取れますし、働きやすいと思います。様々な形態の保育園を複数運営していて、いろいろな保育が経験できるのも魅力のひとつです。認可保育園だけでもいくつもありますので、交流を持ちながら情報交換などもしています。今の職場に新卒で入って、保育のことはもちろん、社会人としてのマナーから教えてもらい、ここまで育てていただきました。これまでのキャリアを活かして、また新しい保育にも出会いたいですね。会社としては幅広い事業をしているので、チャンスがあれば新しい仕事にも挑戦できればと思っています。

打ち合わせ中の写真

打ち合わせ中の写真

求人情報はこちら

  • 2015年入社 保育士
  • 2012年入社 保育士
  • 2010年入社 保育士
  • 2008年入社 保育士
  • 2003年入社 保育士リーダー
  • 2005年入社 園長
  • 2010年入社 センターマネージャー
  • 2011年入社 保育士
  • 2008年入社 営業担当
  • 2005年入社 主任
  • 2015年入社 保育士
  • 2012年入社 保育士
  • 2010年入社 保育士
  • 2008年入社 保育士
  • 2003年入社 保育士リーダー
  • 2005年入社 園長
  • 2010年入社 センターマネージャー
  • 2011年入社 保育士
  • 2008年入社 営業担当
  • 2005年入社 主任

求人情報ページへ

ページトップへ

ページトップへ