International and Creative!

International and Creative!

プロフィール

白金キッズワールド バイリンガルティーチャー 百足 美保

2010年入社。家政学部児童学科卒。 趣味は、旅行、ヨガ、山登り。長期休暇を利用して、海外に一人旅をするのが好き。

私の目指す保育
子どもの可能性をひろげる保育

国際人を育てる

打ち合わせ中の写真

子どもと接する仕事に就きたいという思いから幼稚園で働いていたのですが、あるときふと「本当に自分がやりたいことって何だろう」と考えることがありました。自分の過去を振り返りながら、学生時代にしたホームステイで、外国人と話したり、接することが楽しかったという経験を思い出したのです。今までの幼稚園での仕事を生かしながら、これから国際社会になっていくということも考え、「子どもたちに英語を教える仕事がしたい」と思うようになりました。

なぜピジョンハーツを選んだのかというと、ただ「英語を教える」のではなく、「国際人を育てる」という姿勢に魅かれたから。子どもたちは体験することによって学びます。この「体験=学習」というアメリカの幼児教育カリキュラムに基づき、グループ活動の基礎を育むサークルタイム、個々の興味に応じて過ごすワークタイム、運動能力を育むフィジカルエデュケ―ションなど、年齢に合った体験をバランスよく取り入れたデイリープランで、子どもたちの成長を全力でサポートしています。

打ち合わせ中の写真

成長を促す

クラス風景の写真

職場の雰囲気はとてもアットホーム。子どもたちのリスニング力を養い、英語に親しんでもらうため、基本的にいつも英語の曲をかけています。子どもたちも常にアップテンポな音楽がかかっている環境にいるので、とっても元気。それに負けず劣らず、先生たちもとってもパワフルです。先生たち自身が心から楽しんでいるので、子どもたちにも気持ちが伝わるんですよね。毎日、朝から元気に一日を気持ちよくスタートさせることができます。

仕事をする上でのこだわりは、子ども一人ひとりの個性を大切にするということ。例えばオムツトレーニングをする際、だいたい2~3歳で取れるのが普通というような考えがありますが、子どもたちの発達の具合には当然個人差があります。まだそこまで発達していない子に「絶対トイレでしなきゃだめ」というのは、その子自身の個性を否定していることになる。ただ保育士として成長を促す必要はあるので、女の子だったら「あの子可愛いパンツ履いてるね。いいね。お姉さんになったらああいう可愛いの履けるよ」などと声をかけ、子ども自らがオムツを卒業したいという気持ちになるように日々工夫しながら関わっています。

クラス風景の写真

外国人の先生

クラス風景の写真

私自身、英語を習い始めたのが小学校高学年くらいからでした。英語は大好きですが、実際にコミュニケーションを取る場面で今も苦労することが多々あります。小さい頃から英語のベースを作っていくということは、とても大切なことだと身を持って感じているんです。実際、毎日子どもたちの様子を見ていても、1~2歳からインプットで英語のシャワーをどんどん浴びてベースを作れば、3歳くらいからアウトプットで自分からどんどん話し出すようになります。

外国人の先生と組んで日々クラスを担当することに、最初は少し不安もありました。今ではミーティング等でお互いの意見を交換し、子どもの接し方についてや、レッスンの進め方等、細かいところまで話し合えるようになりました。ダンスに関して外国の先生はベテランなのでアドリブも多く、ついていくのが大変なときもあります(笑)。パワーもあるので、子どもたちとの遊びも私よりずっとパワフルですし、アイデアも豊富なのでとても勉強になります。お互いに良いところは尊重し、足りないところは補い合って、これからも子どもたちのためにチームワークで保育・教育していきたいと思っています。

クラス風景の写真

1日のスケジュール

クラス風景の写真

09:00
出勤・お子様の受け入れ
10:00
クラススタート・お子さま受け入れ・朝の支度
10:30
モーニングサークル・ボキャブラリータイム
11:00
子どもたちと公園に散歩
12:00
ランチ・ワークタイム
13:30
クリーンナップ・運動プログラム
14:00
アクティビティータイム
14:30
クラス終了・休憩
15:30
クリエイティブプレイクラス・教材準備・掃除等
18:00
退勤

クラス風景の写真

求人情報はこちら

  • 2012年入社 保育士
  • 2010年入社 バイリンガルティーチャー
  • 2005年入社 園長
  • 2011年入社 保育士
  • 2003年入社 保育士リーダー
  • 2008年入社 営業担当

求人情報ページへ

ページトップへ

ページトップへ